脳トレ

脳トレに読書を取り入れる方法

脳トレには、文字を読み取ることで効果を現すことが可能です。ちょっとした合間の脳トレとして、雑誌でも良いので読んでみることをおすすめします。

 

読書に関して言うと、かつて授業で行われていたものに音読というものがあります。小学校などで先生に指されて、みんなの前で本を読んだ経験のある方もいるのではないでしょうか。

 

読書をするにしても、年齢を重ねるに従い、音読する機会が圧倒的に少なくなってしまうものです。しかし、この声に出して読む音読は、たくさんの脳を使うことになるので、脳トレとしておすすめの方法になっています。

 

特に、レベルの高い書物を音読すれば、読解能力を活用しなければならないので、脳トレの効果が飛躍的に上昇します。簡単に読める文章の場合は、能力をふんだんに使うことがないため、脳トレとしてはあまり効果のあるものではありません。難しい言葉がたくさんあれば、言葉を学ぶことにも役立つものです。

 

左脳では、読解力をコントロールしていますが、外部から入ってくる情報と、声などで自らが発する情報とで扱う脳の量が増加することになります。左脳と一言で言っても、役割が分担されている事を知っておくと良いでしょう。

 

更なる脳トレを実践するならば、文章を作ることにもチャレンジしてみましょう。文章を作成する能力は、読書によって鍛えられた読解力がないと発達するものではありません。

 

このようなことからも、効果的に脳トレを行うには、文字の読み書きがとても重要ということが分かります。普段、あまり読書をしない方でも、雑誌などを利用して脳トレをはじめてみることをおすすめします。

脳トレに読書を取り入れる方法関連エントリー


Copyright (C) 2010 自分でできる脳トレ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

脳トレに読書を取り入れる方法

大流行中の脳トレに関する話題や噂、今人気のアイテムについての情報をどーんとお届け