脳トレ

時間をかけた脳トレは左脳に効果あり

人が持っている脳は、実に様々な能力を発揮してくれます。これは、左右にある2種類の脳によって、効率良く処理された結果とも言えるのです。脳トレには、これらの働きを理解することから始めると良いでしょう。

 

顕在意識をコントロールしている左脳は、言語脳として働き、言葉や文字を解読する能力を持っています。外から入ってくる様々な言葉を知識として貯えておくことができる脳になり、普段の生活でよく使われるものです。

 

このことから、右脳と比較しても、働く量が圧倒的に左脳に偏っていると言うことができます。学校での授業にも左脳が活躍する科目が多くあり、語学に関するものをはじめ、理論的な解明力が必要な数学、覚えることの多い社会などがそれに該当するでしょう。

 

また、自己の意識をコントロールする役割も左脳が担っており、その人の性格を形成している脳にもなっています。しかし、右脳ほど記憶力に長けていないため、その場での情報には適応できますが、古い情報を導き出すことができないのです。

 

これには、左脳の容量が深く関係しており、常に情報を新しいものに置き換える性質を持っています。重要な記憶を消さないためには、右脳を働かせなければ的確な脳トレには繋がりません。

 

左脳の脳トレを行うならば、右脳も一緒に行うことが重要になるのです。脳が文字を解読する時は、右脳と左脳で情報交換を行いながら、言葉として認識しています。

 

脳トレを行う際は、右脳と左脳の両方に刺激を与えられるように、工夫することが肝心なのです。

時間をかけた脳トレは左脳に効果あり関連エントリー


Copyright (C) 2010 自分でできる脳トレ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

時間をかけた脳トレは左脳に効果あり

大流行中の脳トレに関する話題や噂、今人気のアイテムについての情報をどーんとお届け