脳トレ

脳トレの良くない概念

脳トレに効果的と言われている、パソコンのオペレーションは、脳に良い刺激を与えると考えられています。ところが、これは大きな間違いで、全く無関係であることを知っておきましょう。

 

パソコンで仕事をこなしていると、難しい作業もあるため、一見すると脳トレと同じ効果があると考えられがちです。しかし、実際にはあまり脳を使っていないということが実験で判明しています。このような場合、前頭前野における脳の活動がほとんど見られないのが実情のようです。

 

そして、ペーパーレスという観点から、電子ブックが多く使われるようになりました。これは、紙面ではなくパソコンのディスプレイを使った本というものです。文章を解読すること自体、脳トレと思われる方もいるようですが、この場合でも脳はあまり活動していません。

 

文章で脳トレをするならば、紙面上で解読することが効果的であることが判明しています。電子ブックよりも一般的な本を読んで、脳を鍛えた方が脳トレになるということです。

 

脳の働きは、作業中の脳波を測定することで、すぐに判明させることができます。特に、パソコンに向かっている場合、脳の動きが鈍る他、人との接触が途絶えるため、表情が曇りがちになるとも言われているのです。

 

パソコンでの作業が長時間続く場合は、こまめに休憩を取ることが理想的とされます。また、人と接する時間を設けたり、ドリンクを口にするだけでも、脳トレに変化させることが可能なのです。

 

少しでも脳トレに近づけられるように、自分自身でも良い方法を見つけられるように努力しましょう。

脳トレの良くない概念関連エントリー


Copyright (C) 2010 自分でできる脳トレ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

脳トレの良くない概念

大流行中の脳トレに関する話題や噂、今人気のアイテムについての情報をどーんとお届け